日経ビジネス

初割 日経ビジネス電子版月額プラン2月末まで無料 早く申し込むほどお得!/新サービス 日経ビジネスAUDIO 最新の記事や取材の裏話などを音声で伝える
初割 日経ビジネス電子版月額プラン2月末まで無料 早く申し込むほどお得!/新サービス 日経ビジネスAUDIO 最新の記事や取材の裏話などを音声で伝える

ログイン中の日経IDで
有料会員にお申し込み済みです

日経ビジネス電子版有料会員

日経ビジネス電子版イメージ
  • 月額プラン

    2月末まで無料
    2,500/月
    お申し込み
    • ※無料期間中のご解約は受け付けておりません。無料期間終了後に最低1か月分の料金が発生します。
  • 年額プラン

    1,875/月あたり
    22,500/年
    お申し込み
    • ※初年度のみ10%オフ。
※海外からのお申し込みは月額プランのみとなります。
※法人様で請求書払い(年額プランのみ、銀行振込/一括前払い)をご希望の場合は、こちらのページよりお問い合わせください。
「日本経済新聞読者向け日経ビジネス電子版有料会員(日経ID決済)」は対象外となります。

日経電子版日経ビジネス有料会員(日経ID決済)

日経ビジネス電子版有料会員(日経ID決済)イメージ
  • 日本経済新聞読者割引料金

    月々650お得
    6,777円6,127/月
    1カ月無料体験
    • ※日本経済新聞読者とは日経ID決済で日経電子版、日本経済新聞を申し込むまたは現在購読している方を指し、読者割引は日本経済新聞読者にのみ適用されます。
    • ※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。
    • ※本プランは日本経済新聞社とのご契約となります。

日経ビジネス電子版雑誌セット

日経ビジネス電子版+雑誌セットプランイメージ
  • 雑誌購読者限定

    月額プラン

    2月末まで無料
    550/月
    • ※無料期間中のご解約は受け付けておりません。無料期間終了後に最低1か月分の料金が発生します。
  •  

    年額プラン

    2,517/月あたり
    30,200/年
    • ※初年度のみ10%オフ。

雑誌のみ

1年(50冊)
24,300 1冊あたり468円
  • ※お申し込みいただくと日経ビジネス電子版登録会員(無料)にも同時登録されます。
    無料の利用登録により、日経ビジネス電子版の有料記事が毎月一定本数お読みいただけるほか、メールマガジンも平日と土曜日に配信いたします(休日、祝祭日、年末年始、夏休み期間中などを除く)。

日経ビジネス電子版 登録会員(無料)

有料会員限定記事を月3本まで閲覧できるなど、有料会員の一部サービスを利用できます。

ログイン中の日経IDでご登録済みです登録会員お申し込み(無料)

※日経ビジネス電子版の「有料会員」と「登録会員(無料)」の違いはこちら

移動時やリフレッシュタイムなどちょっとした時間も有効活用を。

最新の記事や取材の裏話などを音声で伝える日経ビジネスAUDIO

新コンテンツ「日経ビジネスAUDIOモーニング」
日経ビジネス電子版の注目記事を毎朝3分で読み上げる新連載です。

日経ビジネス電子版有料会員お申し込み 初割キャンペーンのご案内

日経ビジネス電子版有料会員お申し込み 初割キャンペーンのご案内

日経ビジネス電子版有料会員(月額プラン)

対象プラン
日経ビジネス電子版有料会員(月額プラン)、雑誌購読者限定月額プラン
2月末まで月額無料(1月25日までにお申し込みの場合)
2月末まで月額無料
  • 無料期間の終了後に最低1か月分の利用料金が発生します
  • 解約は月末最終日の3営業日前まで
  • 解約月の最終日までお使いいただけます
  • 1月30日~2月15日にお申し込みの場合は、3月31日までが無料期間(解約不可)、4月1日以降が通常料金(解約可)となります。

お申し込みプランを選択

12月以降の特集予定

二刀流人材の生かし方 副業時代のマネジメント術

厚生労働省が「副業・兼業の促進に関するガイドライン」を策定し、副業元年といわれた2018年から今、副業を取り巻く環境は大きく変わりつつある。コロナ禍を経てリモートワークが広がり、働き方が多様化。2022年5月にガイドラインが改訂され、副業への対応状況についての情報公開が推奨された。個人にとっては、単なる生計維持の手段からステップアップの手段にもなっており、ますます二刀流人材が増えていくだろう。企業では、人材不足や働き方の価値観の変化対応のために副業を重視する動きが加速しているが、こうした二刀流人材をどう自社の成長エンジンとして生かしていくかが問われていく。「副業を制する者、経営も制す」時代がやってきた。

三井物産、東南ア医療ビジネスの深謀遠慮

三井物産が東南アジアの巨大病院グループ、IHHヘルスケアに出資して10年あまり。新たな収益源として着実に育ってきた。経済成長に伴い中間所得層が台頭。高血圧や糖尿病といった慢性疾患を抱える人も増えている。予防、予後にも目配りし医療を軸に消費者ビジネスを育てる試みだ。その深謀遠慮に迫る。

イケア 究極のサステナビリティー経営

北欧の巨人、スウェーデンの家具大手イケア。新型コロナウイルス禍で多くの小売店が店舗閉鎖を余儀なくされる中でも堅調な収益を維持し、足元では需要急増で販売を伸ばしている。その競争力の源泉は、失敗を恐れないチャレンジ精神で環境や人材、デジタルなどの経営課題に向き合い、自ら考え、持続可能性を徹底的に追究する姿勢にある。「究極のサステナビリティー経営」の真髄とは。

謝罪の流儀2022

2022年、多くの企業が不祥事や事件で世間を賑わせ、謝罪に追い込まれた。多様性を軽く見る役員の発言で炎上したり、ホームページへの謝罪文掲載で済ませて非難を浴びたりと、社会との関わり方について企業の姿勢が問われた。危機管理対応の観点から、どう謝罪すべきだったのか考える。

大胆予測・こうなる2023

為替の円安、インフレ、激動の国際情勢――。日本は「失われた30年」から脱却できず、新型コロナウイルス禍とも決別できないまま、再びいくつもの重大リスクに直面している。2023年、我々をどんな出来事が待っているのか、そして産業界や市場はどう動くのか。日経ビジネスが大胆に予測する。

※内容や掲載号は変更になる場合がありますので予めご了承ください。

お申し込みプランを選択

有料会員の特長

1週刊ビジネス誌で31年連続読者数No.1※1 雑誌11年分(550冊)以上の日経ビジネスが読み放題

2スクープ記事やニュースの1分解説など電子版限定記事がいつでもどこでも読み放題

3ウェビナーを軸に開催する「日経ビジネスLIVE」に参加し放題、アーカイブ見放題

4日経ビジネス発行の書籍・デジタルブックが読める「日経ビジネスBOOKS」使い放題

日経ビジネス電子版
有料会員 登録会員(無料) 未登録
コンテンツ
無料記事
有料記事 月3本まで
日経ビジネス
LIVE
日経ビジネス
BOOKS
誌面ビューアー
アプリ
日経ビジネス
電子版アプリ
無料記事のみ 無料記事のみ
有料会員
限定メール
登録会員
メール
機能
記事の保存
(クリップ)
記事の印刷
Watch※2 一部可
通知※2 一部可
コメント投稿※2 一部可
ギフト(β版) 月10本まで
  • ※1 日本ABC協会2021年度認証部数(ビジネス分野) ※2 別途リゾームへの登録が必要です

お申し込みプランを選択

よくある質問

【日経ビジネス電子版有料会員(月額プラン)、雑誌購読者限定月額プラン】

初割キャンペーンの対象プランです。
キャンペーン期間は2023年2月15日(水)までを予定しています。
通常の「お申し込み初月無料」よりも、無料期間を延長します。
お申し込み日によって無料期間は異なり、以下の通りとなります。
2022年12月1日(木)~2023年1月25日(水)のお申し込み:2023年2月末まで無料
2023年1月30日(月)~2023年2月15日(水)のお申し込み:2023年3月末まで無料
なお、無料期間終了後の翌月1日に課金いたします。
無料期間中のご解約はお受けできません。

日経ビジネス電子版は、「有料会員」と無料の「登録会員」、2種類の会員種別を設けています。有料会員は2011年10月以降の雑誌バックナンバーを含むすべての記事をお読みいただけるほか、ビジュアルなデザインでご覧いただける誌面ビューアー、印刷機能など様々な機能をお使いいただけます。登録会員は鍵の掛かっていないフリーの記事の他、鍵の掛かっている記事についても毎月一定本数お読みいただけます。

どちらの会員も良く読まれている記事ランキングなど有用な情報をメールマガジンとしてお届けいたします。

日経ビジネスについて詳しく知る

ご契約プランを変更したい場合は、読者サービスセンター日経ビジネス電子版有料会員係 (電話03-5696-1111、祝日を除く月~金曜の9:00~17:00)または本ページ下部のお問い合わせフォームにてご連絡ください。

お申し込み時にご登録いただいたご連絡先(住所、電話番号、メールアドレス)に変更があった場合は、「日経IDラウンジ」にてお手続きください。

有料会員の退会は「日経BP SHOP」のマイページにてお手続きいただけます。

解約方法はお客様のご契約プランによって異なります。

■「日経ビジネス電子版月額プラン」をご契約中の方
および
■雑誌「日経ビジネス」をご購読中で、電子版を月額プラス550円(※)にてクレジットカード払いでご契約中の方

  • (※)キャンペーン等により、月額料金が異なる場合がございます

⇒「日経BP SHOP」のマイページよりご自身にて解約手続きをお願いします。
「日経BP SHOP」のマイページにログインの上、「ご利用中のサービス」から当サービスの「詳細」のリンクを押してください。「購読継続を中止する」のリンクよりお手続きいただけます。

  • ※「停止処理中」と表示されましたら、解約手続きは完了です。解約した当月中は、引き続きご利用いただけます。翌月1日に正式にサービス停止となり、ご請求も停止となります。
  • ※ご解約につきましては、解約を希望される月の最終日の3営業日前までにお手続きをお願いします。当月末日の24時までに解約お手続きが完了されない場合は、翌月末日の解約扱いとなり、翌月分の利用料金が課金される場合がございます。予めご了承ください。

■日経ビジネス「雑誌+電子版セット」をご購読中の方(雑誌と電子版の購読料を、同時にお支払いの方)
および
■「日経ビジネス電子版年額プラン」および「日経ビジネス電子版月額プラン」を単独でご契約中で「711」から始まる10桁の数字(読者番号)をお持ちの方(雑誌「日経ビジネス」はご購読されていない方)

解約申請フォームからお手続きください。
なお、「日経BP SHOP」のマイページではお手続きできません(表示もされません)のでご注意ください。

  • ※解約した当月中は、引き続きご利用いただけます。翌月1日に正式にサービス停止となり、ご請求も停止となります。
  • ※解約を希望される月の最終日の3営業日前までに、上記より解約のお手続きをお願いします。当月末日の24時までに解約お手続きが完了されない場合は、翌月末日の解約扱いとなり、翌月分の利用料金が課金される場合がございます。予めご了承ください。

■「日経電子版×日経ビジネス電子版」セット商品をご契約中の方

日経電子版にログイン後、「契約内容の確認・変更・解約」よりお手続きください。

詳細は以下の通りです。

【月額プラン(月額2,500円、雑誌読者限定月額550円)】

通常の「お申し込み初月無料」よりも、無料期間を延長します。
お申し込み日によって無料期間は異なり、以下の通りとなります。
2022年12月1日(木)~2023年1月25日(水)のお申し込み:2023年2月末まで無料
2023年1月30日(月)~2023年2月15日(水)のお申し込み:2023年3月末まで無料
なお、無料期間終了後の翌月1日に課金いたします。
無料期間中のご解約はお受けできません。

【年額プラン(電子版+雑誌セット)】

お申し込み時から契約が開始します(お申し込み受付から2週間以内にキャンセルのお申し出をいただいた場合は、それまでの雑誌送本分(行き違いに送本した分も含む)やデジタルサービスご利用分は請求いたしません)。

【年額プラン(電子版単独)】

お申し込み時から契約が開始します。お申し込み後に迎える初めての毎月第1営業日から起算し、12か月目の月末までが購読期間となります(お申し込み受付から2週間以内にキャンセルのお申し出をいただいた場合は、それまでのデジタルサービスご利用分は請求いたしません)。

雑誌「日経ビジネス」を定期購読中の方は、読者特価の月額550円(税込)で購読いただけます。こちらからお申し込みください。

  • ※お申し込みに雑誌購読者・会員サービス利用者であることの確認が必要です。

「らくらく購読コース」は、お客様から定期購読中止のご連絡があるまで、自動的に購読を継続させていただきます。次回の購読期間、購読料金については、事前に通知いたします(購読料金変更の際は、料金を改定させていただきます)。
「らくらく購読コース」でお申し込みをいただきますと、初回ご契約の購読料金が10%OFFとなります。
購読料金のお支払については、クレジットカードに限定させていただきます。
中途解約はいつでも承ります。精算金額については「解約方法について知りたい」をご覧ください。

最新の利用環境は以下のページをご確認ください。

利用環境を確認する。

こちらからお申し込みください。
日経ID決済で日経電子版を現在ご購読中の方、日経電子版と同時申し込みされる方、いずれも読者割引が適用されます。日経ビジネス電子版を+1,850円/月でご購読いただけます。

日経ビジネス電子版は海外でもお読みいただけます。購読をご希望の方はこちらからお申し込みください。
海外での雑誌の定期購読をご希望の場合は、下記日販IPSもしくはOCSへお問合せをお願い申し上げます。

お問合せ先

【日販IPS】
https://www.nippan-ips.co.jp/business/benefits_services/
※ページ下部の「お問い合わせはこちら」のリンクからお願いします。

【OCS】
https://www.ocs.co.jp/lifesupport/

年間プランのみ可能です。こちらのフォームからお問い合わせください。

日経ビジネス電子版有料会員の方が有料会員限定記事をお知り合いの方にギフトできる機能です。有料会員であれば、有料会員限定記事に設置されたギフトボタンから「ギフトとして共有できるURL」を発行できます。そのURLをメールやSNSなどでお知り合いに共有すれば、URLの発行から24時間に限って、そのURLからアクセスした方はどなたでも無料で記事をお読みいただけます。有料会員の方は月間10本まで有料記事をギフトできます。

  • ※ギフト機能はβ版のため、予告なくサービス内容の変更や終了をする場合があります

お申し込みプランを選択