日経ビジネス

初割(ハツワリ)【月額プラン】3月末まで無料 締切:2/15まで
初割(ハツワリ)【月額プラン】3月末まで無料 締切:2/15まで

ログイン中の日経IDで
有料会員にお申し込み済みです

日経ビジネス電子版有料会員

日経ビジネス電子版イメージ
  • 月額プラン

    3月末まで無料
    2,500/月
    お申し込み
    • ※無料期間中のご解約は受け付けておりません。無料期間終了後に最低1か月分の料金が発生します。
  • 年額プラン

    1,875/月あたり
    22,500/年
    お申し込み
    • ※初年度のみ10%オフ。
※海外からのお申し込みは月額プランのみとなります。
※法人様で請求書払い(年額プランのみ、銀行振込/一括前払い)をご希望の場合は、こちらのページよりお問い合わせください。
「日本経済新聞読者向け日経ビジネス電子版有料会員(日経ID決済)」は対象外となります。

日経電子版日経ビジネス有料会員(日経ID決済)

日経電子版+日経ビジネス電子版有料会員(日経ID決済)イメージ
  • 日本経済新聞読者割引料金

    月々650お得
    6,777円6,127/月
    1カ月無料体験
    • ※日本経済新聞読者とは日経ID決済で日経電子版、日本経済新聞を申し込むまたは現在購読している方を指し、読者割引は日本経済新聞読者にのみ適用されます。
    • ※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。
    • ※本プランは日本経済新聞社とのご契約となります。

日経ビジネス電子版雑誌セット

日経ビジネス電子版+雑誌セットプランイメージ
  • 雑誌購読者限定

    月額プラン

    3月末まで無料
    550/月
    • ※無料期間中のご解約は受け付けておりません。無料期間終了後に最低1か月分の料金が発生します。
  •  

    年額プラン

    2,517/月あたり
    30,200/年
    • ※初年度のみ10%オフ。

雑誌のみ

1年(50冊)
24,300 1冊あたり468円
  • ※お申し込みいただくと日経ビジネス電子版登録会員(無料)にも同時登録されます。
    無料の利用登録により、日経ビジネス電子版の有料記事が毎月一定本数お読みいただけるほか、メールマガジンも平日と土曜日に配信いたします(休日、祝祭日、年末年始、夏休み期間中などを除く)。

日経ビジネス電子版 登録会員(無料)

有料会員限定記事を月3本まで閲覧できるなど、有料会員の一部サービスを利用できます。

ログイン中の日経IDでご登録済みです登録会員お申し込み(無料)

※日経ビジネス電子版の「有料会員」と「登録会員(無料)」の違いはこちら

移動時やリフレッシュタイムなどちょっとした時間も有効活用を。

2022年12月スタート新サービス 最新の記事や取材の裏話などを音声で伝える日経ビジネスAUDIO

新コンテンツ「日経ビジネスAUDIOモーニング」
日経ビジネス電子版の注目記事を毎朝3分で読み上げる新連載です。

日経ビジネス電子版有料会員お申し込み 初割キャンペーンのご案内

日経ビジネス電子版有料会員お申し込み 初割キャンペーンのご案内

日経ビジネス電子版有料会員(月額プラン)

対象プラン
日経ビジネス電子版有料会員(月額プラン)、雑誌購読者限定月額プラン
3月末まで月額無料(2月15日までにお申し込みの場合)
3月末まで月額無料
  • 無料期間の終了後に最低1か月分の利用料金が発生します
  • 解約は月末最終日の3営業日前まで
  • 解約月の最終日までお使いいただけます
  • 1月30日~2月15日にお申し込みの場合は、3月31日までが無料期間(解約不可)、4月1日以降が通常料金(解約可)となります。

日経ビジネス電子版有料会員(年額プラン)

対象プラン
日経ビジネス電子版 年額プラン、日経ビジネス電子版+雑誌セット 年額プラン、
日経ビジネス雑誌のみプラン
  • ※以下のプランは特典は付与されませんのでご注意ください。
    日経ビジネス電子版 月額プラン、雑誌購読者限定 月額プラン、日経電子版+日経ビジネス有料会員(日経ID決済)
年額プラン初割キャンペーン
限定特典のご案内
  • 特典1
    日経ビジネス特製デスクカレンダー
    在宅ワークにオフィスに、デスクにさりげなく。コンパクトかつスマートなカレンダーです。台座の部分は日本の間伐材を使用、カレンダーの用紙はサトウキビの搾りカスを利用したエコな仕様に。できる限り持続可能性の高い素材を使用しています。
  • 特典2
    混迷の時代の経済・企業・記述を見通す 日経ビジネス『徹底予測2023』
    アフターコロナの日本はどう動くのか?そして世界は? ロシアのウクライナ侵攻が続く混迷の世界情勢、他方で、低金利を続ける日本は20数年ぶりの円安と物価高に直面。日本経済、産業界、そして個人の暮らしまで、ビジネスパーソンに欠かせない情報を掲載します。 ※体裁:A4変型判 約170ページ
    ※掲載内容は変更となる場合がございます。

お申し込みプランを選択

2月以降の特集予定

欧米発インフレドミノ 「欠乏経済」の幕開け

新型コロナ後の経済再開とウクライナ戦争で世界的なインフレが進んだ2022年。23年は対前年比でのインフレ率が下り、物価高・賃金高が定着した経済に移行する。世界の分断により低コストの素材やエネルギー、人件費に頼れなくなった「欠乏経済」。その最前線の欧米の現場からリポートする。

復活・日の丸工場

為替の歴史的円安水準が続く中、国内製造業が生産や調達で「国内回帰」の姿勢を強めている。製造業は安い人件費などを求め海外移転を図り空洞化が進んできたが、中国などから国内へ生産を戻す動きも見られる。ただし製造業の就業人数減少、工場老朽化など課題も多い。「メード・イン・ジャパン」の復権には何が必要か。

大転職時代 激化する人材獲得競争

転職する人が増えている。人材会社の調査では2021年の20~50代正社員の転職率は過去6年で最高となり、転職回数が2回以上の割合も増加している。転職への関心は高まり、社会人の半数以上が転職を検討しているという調査も。もはや転職は一念発起し、リスクを取って選ぶ道ではなく、誰もが取り得る一般的な選択肢になっている。人手不足などを背景に企業の中途採用も過熱しており、人材会社の集計では9月の中途採用求人倍率は過去最高を更新。人材を求める企業の活発な動きは人々をさらに転職に駆り立てる。世はまさに大転職時代。転職市場の状況の変化は速く、これまでの「転職の常識」も崩れつつある。企業は転職人材をどう生かしていくか。金の卵をいかに獲得するか。流動化する人材を育成につなげていくにはどうすればいいのか。

愛される企業ランキング 第2回薦めたいブランド1万人調査

消費者から愛されている企業はどこか――。全国1万人を対象とする独自調査によって、あるブランドをどれだけ人に薦めたいか示す「顧客推奨度(NPS)」を算出。回転ずし、ビール、航空会社など10分野の愛され度ランキングを公開する。値上げの時代を迎えた今、ファンづくりの巧拙はブランドの未来を決める。買い手に支持される企業・ブランドはどんな製品やサービスを提供し、どうファンの心をつかんでいるのか。愛されるための戦略を考える。

みずほ新体制1年 改革の現在地

相次いだシステム障害を機に誕生した木原体制の発足から1年。コミュニケーションを重視する木原氏による企業風土改革はどこまで進んでいるのか。その現在地を探る。

メタバースの実力 熱狂と幻滅の先に

企業の参入が相次ぐ一方で、盛り上がりは限定的にも見えるメタバース。社名を変更してまで、新たな世界に可能性を見いだす米メタを筆頭に、期待を裏切る「現実」が垣間見える。これがメタバースの実力なのか。そんな疑念が今芽生えつつある。メタバースはコロナ時代のあだ花として一部ユーザー以外からは忘れ去られるのか、それとも現実世界を超える体験価値を実現できるのか。分水嶺を迎えたメタバースの真価に迫る。

さよなら男女格差

今や主要先進国で最低水準のニッポンの平均賃金。だが、その主因とされてきた男女の賃金格差の是正に今、空前の追い風が吹いている。円安で外国人労働者の呼び込みが難しくなる中、「もう女性にしか頼れない」とパートアルバイトで先行して賃上げする動きが広がっているのだ。またリモートワークが普及し、夫の転勤や育児などでいったん職場を離れた女性が復帰しやすくなった。大企業でも、「ガラスの天井」を打破した女性リーダーがようやく増え、「配偶者控除は女性の就労意欲を妨げるもの」との認識が出てきた。本格的な人口減少社会に突入し、ようやく男性優位社会が崩れてきた日本。再成長のスイッチが入るのも遠くない。

後継者選びのトリセツ

「人を残すは一流」――。経営者の真価が問われる後継者選び。人徳、知見、実行力など後継者選びの条件は十人十色。バトンを託して成功した会社、失敗した会社、これから後継者選びに入る会社などのケーススタディーを通して社長人事の妙を考察する。

ゴルフ経営 ~若者呼び込むあの手この手

コロナ禍の3密を避けるレジャーとして人気のゴルフ。かつては上司に連れられ、接待で始める人が多かったが、若者自らが楽しむスポーツとして人気だ。かつての風景が変わりつつある。ゴルフ場やゴルフ用品の動向など、若者を取り込もうとする動きを追う。

悪意の研究

人や企業の「悪意」が露呈する事態が増えている。刑法犯の認知件数は2年連続で過去最低を更新した一方、近ごろは新型コロナウイルス感染症に伴う助成金の不正受給や、三菱電機や日野自動車の品質問題などが耳目を集めた。ネット上の誹謗中傷も含め、デジタル技術を使ってモノやサービスの利便性を磨く情報化社会は悪意を持った行動を実行に移しやすい環境にある。企業でも短期的な業績目標を追求するあまり、悪意の誘惑に現場は揺らぐ。永続的な事業拡大を目指すには、こうした悪意をいかに排除するかが重要な企業課題だ。その仕組みづくりがレピュテーションリスクから企業を守る鍵となる。企業は人々の悪意を研究し、その排除に向けて、様々な技術や工夫をこらし始めている。

日経ビジネスLIVE 
今後の予定

2月22日(水)19:00~
エネルギー危機は23年が本番、日本経済「窮乏化」を阻止せよ

※内容や掲載号は変更になる場合がありますので予めご了承ください。

お申し込みプランを選択

有料会員の特長

1週刊ビジネス誌で31年連続読者数No.1※1 雑誌11年分(550冊)以上の日経ビジネスが読み放題

2スクープ記事やニュースの1分解説など電子版限定記事がいつでもどこでも読み放題

3ウェビナーを軸に開催する「日経ビジネスLIVE」に参加し放題、アーカイブ見放題

4日経ビジネス発行の書籍・デジタルブックが読める「日経ビジネスBOOKS」使い放題

日経ビジネス電子版
有料会員 登録会員(無料) 未登録
コンテンツ
無料記事
有料記事 月3本まで
日経ビジネス
LIVE
日経ビジネス
BOOKS
日経ビジネス
AUDIO
一部可 一部可
誌面ビューアー
アプリ
日経ビジネス
電子版アプリ
無料記事のみ 無料記事のみ
有料会員
限定メール
登録会員
メール
機能
記事の保存
(クリップ)
記事の印刷
Watch※2 一部可
通知※2 一部可
コメント投稿※2 一部可
ギフト(β版) 月10本まで
  • ※1 日本ABC協会2021年度認証部数(ビジネス分野) ※2 別途リゾームへの登録が必要です

お申し込みプランを選択

よくある質問

お申し込みになるプランによってお得になる無料期間や特典の内容、キャンペーンの期間が異なります。

【日経ビジネス電子版有料会員(月額プラン)、雑誌購読者限定月額プラン】

初割キャンペーンの対象プランです。
キャンペーン期間は2023年2月15日(水)までを予定しています。
通常の「お申し込み初月無料」よりも、無料期間を延長します。
お申し込み日によって無料期間は異なり、以下の通りとなります。
2022年12月1日(木)~2023年1月25日(水)のお申し込み:2023年2月末まで無料
2023年1月30日(月)~2023年2月15日(水)のお申し込み:2023年3月末まで無料
なお、無料期間終了後の翌月1日に課金いたします。
無料期間中のご解約はお受けできません。

年額プランの特典は付与されませんのでご注意ください。

【日経電子版+日経ビジネス電子版有料会員(日経ID決済)】

初割キャンペーンの対象プランです。
キャンペーン期間は2023年2月7日(火)で終了いたしました。
日経電子版+日経ビジネス電子版セットのお申し込みは日本経済新聞社とのご契約となります。

【日経ビジネス電子版有料会員(年額プラン)、日経ビジネス電子版+雑誌セット(年額プラン)、日経ビジネス雑誌のみプラン】

初割キャンペーンの対象プランです。
キャンペーン期間は2023年2月15日(水)までを予定しています。
お申し込みの方全員に2大特典をプレゼントいたします。
特典1.日経ビジネス特製「デスクカレンダー」
特典2.日経ビジネス総力特集「徹底予測2023」

日経ビジネス電子版は、「有料会員」と無料の「登録会員」、2種類の会員種別を設けています。有料会員は2011年10月以降の雑誌バックナンバーを含むすべての記事をお読みいただけるほか、ビジュアルなデザインでご覧いただける誌面ビューアー、印刷機能など様々な機能をお使いいただけます。登録会員は鍵の掛かっていないフリーの記事の他、鍵の掛かっている記事についても毎月一定本数お読みいただけます。

どちらの会員も良く読まれている記事ランキングなど有用な情報をメールマガジンとしてお届けいたします。

日経ビジネスについて詳しく知る

ご契約プランを変更したい場合は、読者サービスセンター日経ビジネス電子版有料会員係 (電話0120-255-255、祝日を除く月~金曜の9:00~17:00)または本ページ下部のお問い合わせフォームにてご連絡ください。

お申し込み時にご登録いただいたご連絡先(住所、電話番号、メールアドレス)に変更があった場合は、「日経IDラウンジ」にてお手続きください。

有料会員の退会は「日経BP SHOP」のマイページにてお手続きいただけます。

解約方法はお客様のご契約プランによって異なります。

■「日経ビジネス電子版月額プラン」をご契約中の方
および
■雑誌「日経ビジネス」をご購読中で、電子版を月額プラス550円(※)にてクレジットカード払いでご契約中の方

  • (※)キャンペーン等により、月額料金が異なる場合がございます

⇒「日経BP SHOP」のマイページよりご自身にて解約手続きをお願いします。
「日経BP SHOP」のマイページにログインの上、「ご利用中のサービス」から当サービスの「詳細」のリンクを押してください。「購読継続を中止する」のリンクよりお手続きいただけます。

  • ※「停止処理中」と表示されましたら、解約手続きは完了です。解約した当月中は、引き続きご利用いただけます。翌月1日に正式にサービス停止となり、ご請求も停止となります。
  • ※ご解約につきましては、解約を希望される月の最終日の3営業日前までにお手続きをお願いします。当月末日の24時までに解約お手続きが完了されない場合は、翌月末日の解約扱いとなり、翌月分の利用料金が課金される場合がございます。予めご了承ください。

■日経ビジネス「雑誌+電子版セット」をご購読中の方(雑誌と電子版の購読料を、同時にお支払いの方)
および
■「日経ビジネス電子版年額プラン」および「日経ビジネス電子版月額プラン」を単独でご契約中で「711」から始まる10桁の数字(読者番号)をお持ちの方(雑誌「日経ビジネス」はご購読されていない方)

解約申請フォームからお手続きください。
なお、「日経BP SHOP」のマイページではお手続きできません(表示もされません)のでご注意ください。

  • ※解約した当月中は、引き続きご利用いただけます。翌月1日に正式にサービス停止となり、ご請求も停止となります。
  • ※解約を希望される月の最終日の3営業日前までに、上記より解約のお手続きをお願いします。当月末日の24時までに解約お手続きが完了されない場合は、翌月末日の解約扱いとなり、翌月分の利用料金が課金される場合がございます。予めご了承ください。

■「日経電子版×日経ビジネス電子版」セット商品をご契約中の方

日経電子版にログイン後、「契約内容の確認・変更・解約」よりお手続きください。

詳細は以下の通りです。

【月額プラン(月額2,500円、雑誌読者限定月額550円)】

通常の「お申し込み初月無料」よりも、無料期間を延長します。
お申し込み日によって無料期間は異なり、以下の通りとなります。
2022年12月1日(木)~2023年1月25日(水)のお申し込み:2023年2月末まで無料
2023年1月30日(月)~2023年2月15日(水)のお申し込み:2023年3月末まで無料
なお、無料期間終了後の翌月1日に課金いたします。
無料期間中のご解約はお受けできません。

【年額プラン(電子版+雑誌セット)】

お申し込み時から契約が開始します(お申し込み受付から2週間以内にキャンセルのお申し出をいただいた場合は、それまでの雑誌送本分(行き違いに送本した分も含む)やデジタルサービスご利用分は請求いたしません)。

【年額プラン(電子版単独)】

お申し込み時から契約が開始します。お申し込み後に迎える初めての毎月第1営業日から起算し、12か月目の月末までが購読期間となります(お申し込み受付から2週間以内にキャンセルのお申し出をいただいた場合は、それまでのデジタルサービスご利用分は請求いたしません)。

雑誌「日経ビジネス」を定期購読中の方は、読者特価の月額550円(税込)で購読いただけます。こちらからお申し込みください。

  • ※お申し込みに雑誌購読者・会員サービス利用者であることの確認が必要です。

「らくらく購読コース」は、お客様から定期購読中止のご連絡があるまで、自動的に購読を継続させていただきます。次回の購読期間、購読料金については、事前に通知いたします(購読料金変更の際は、料金を改定させていただきます)。
「らくらく購読コース」でお申し込みをいただきますと、初回ご契約の購読料金が10%OFFとなります。
購読料金のお支払については、クレジットカードに限定させていただきます。
中途解約はいつでも承ります。精算金額については「解約方法について知りたい」をご覧ください。

最新の利用環境は以下のページをご確認ください。

利用環境を確認する。

こちらからお申し込みください。
日経ID決済で日経電子版を現在ご購読中の方、日経電子版と同時申し込みされる方、いずれも読者割引が適用されます。日経ビジネス電子版を+1,850円/月でご購読いただけます。

日経ビジネス電子版は海外でもお読みいただけます。購読をご希望の方はこちらからお申し込みください。
海外での雑誌の定期購読をご希望の場合は、下記日販IPSもしくはOCSへお問合せをお願い申し上げます。

お問合せ先

【日販IPS】
https://www.nippan-ips.co.jp/business/benefits_services/
※ページ下部の「お問い合わせはこちら」のリンクからお願いします。

【OCS】
https://www.ocs.co.jp/lifesupport/

年間プランのみ可能です。こちらのフォームからお問い合わせください。

日経ビジネス電子版有料会員の方が有料会員限定記事をお知り合いの方にギフトできる機能です。有料会員であれば、有料会員限定記事に設置されたギフトボタンから「ギフトとして共有できるURL」を発行できます。そのURLをメールやSNSなどでお知り合いに共有すれば、URLの発行から24時間に限って、そのURLからアクセスした方はどなたでも無料で記事をお読みいただけます。有料会員の方は月間10本まで有料記事をギフトできます。

  • ※ギフト機能はβ版のため、予告なくサービス内容の変更や終了をする場合があります

お申し込みプランを選択