1分で掴む!日経ビジネス電子版

POINT 1日経ビジネス電子版の特長1

資料制作、顧客企業の調査に雑誌7年分を
いつでも読める

雑誌7年分(350冊)以上の記事が
すべて参照できます。
「あの企業の3年前の経営戦略転換の真相を知りたい」など急な“知りたい”にお応えします。

2019年上半期 特集ランキング

  • どこにある?ベストな人生

    どこにある?
    ベストな人生

    2019年2月18日号

    上半期
    ランキング1位

    国を挙げて実現を目指す「ワークライフバランス」や「働き方改革」は、本当に人生の幸福度向上につながるのか。これから先の時代、日本人が「ベストな人生」を勝ち取るための働き方を考える。

  • 韓国何が起きているのか

    2019年3月11日号

    上半期
    ランキング2位

    韓国何が起きているのか

    日本と韓国の関係がかつてないほどに冷え込んでいる。なぜこんなに関係がこじれてしまったのだろう。日本に反発する動きの背景に何があるのか。韓国の政治や経済、企業活動の実態はどうなっているのか。その実相を探る。

  • 強くなれる給料

    2019年4月22日号

    上半期
    ランキング3位

    強くなれる給料

    処遇の仕方に工夫を重ね、もっとやる気を引き出す仕組みを作る──。シニアが生き生きと働ける枠組みを整え、若手にも報いる手法を探る動きが始まった。戦後最長の景気に影が差し始めた今だからこそ、「企業も経済も強くする給料」が必要になっている。

  • 村田製作所なぜ最強なのか

    2019年6月3日号

    上半期
    ランキング4位

    村田製作所なぜ最強なのか

    今号の表紙を飾った全長1cmに満たないてんとう虫。それよりもはるかに小さな部品を作っている会社。それが村田製作所だ。2019年3月期の営業利益は2668億円。売上高営業利益率は16.9%に達する。10%に届かない京セラやTDKなどライバルを圧倒する「最強」企業だ。村田製作所は、なぜ最強なのか。強さの源泉を探る。

  • 新規事業という病

    2019年6月24日号

    上半期
    ランキング5位

    新規事業という病

    既存事業の成長が鈍化する中、多くの企業が新規事業や新サービスの開発に力を入れている。新しいことはあくまで会社を成長させる「手段」だが、それが「目的」になってしまった会社の迷走パターンをまとめた。

  • 敗者の50年史

    2019年2月11日号

    上半期
    ランキング6位

    敗者の50年史

    1976年、看板コラム「敗軍の将、兵を語る」をスタートさせ、敗者の声を綴り続けた。その数、およそ1400人。敗戦の荒野に目を凝らせば、「至極の経営訓」が散らばっている。これから、敗者の物語を始めよう。すると、失敗に学んだ者が、再び歴史の表舞台に戻っていることが分かる。その時、敗者は「強者」に変わっている。

※ご紹介している特集は「日経ビジネス電子版」でお読みいただけます。

POINT 2日経ビジネス電子版の特長2

素早くスマートに知る1分解説

登録会員(無料)

ニュース速報を
いち早くわかりやすく解説。
経済や社会のトレンドを捉えられます。

2019年(1月~7月)1分解説ランキング

  • 吉野家、「超特盛」が想定外ヒットで赤字脱却

    吉野家、「超特盛」が想定外ヒットで赤字脱却

    2019年7月11日

    1分解説
    ランキング1位

  • コンビニの成人誌販売、これまでやめられなかった本当の理由

    2019年1月23日

    1分解説
    ランキング2位

    コンビニの成人誌販売、これまでやめられなかった本当の理由
  • いきなり!ステーキ、いきなり拡大し失速

    2019年3月19日

    1分解説
    ランキング3位

    いきなり!ステーキ、いきなり拡大し失速
  • セブンペイ、抱えていた「不発弾」の代償

    2019年7月4日

    1分解説
    ランキング4位

    セブンペイ、抱えていた「不発弾」の代償

    画像提供:共同通信社

  • 利益率1.9% ホンダ、儲からない四輪に危機感

    2019年5月9日

    1分解説
    ランキング5位

    利益率1.9% ホンダ、儲からない四輪に危機感
  • トランプ大統領はなぜパレスホテルに泊まったのか

    2019年5月28日

    1分解説
    ランキング6位

    トランプ大統領はなぜパレスホテルに泊まったのか

POINT 3日経ビジネス電子版の特長3

チームを強くする新機能ギフト

「ギフト機能(β版)」で、有料会員の方はお知り合いに有料記事をプレゼントできます。
有料記事に設けた「ギフトボタン」を押してシェア用のURLを発行し、そのURLをメールやSNSで送れば、どなたでも無料で記事をお読みいただくことができます。
※閲覧はギフトURL発行から24時間までとなります。

今ならギフト本数を増量。
期間限定で月に30本までギフトできます。

あなたのギフトでチームが強くなる

POINT 4日経ビジネス電子版の特長4

動画は年間300本以上動画で学ぶゼミナール

登録会員(無料)

カリスマの経営論やフレームワークを動画やテキストで学べます。
講師はソニー平井一夫会長、ツイッター創業者ジャック・ドーシー氏など総勢30名以上登場!
身についたビジネス力はチャートで確認できます。

  • ジェームズ・ダイソン

    ジェームズ・
    ダイソン

    英ダイソン創業者

  • 森川 亮

    森川 亮

    C Channel 代表取締役社長

  • ジャック・ドーシー

    ジャック・
    ドーシー

    米Square CEO 兼 会長

  • 平井一夫

    平井一夫

    ソニー 会長

  • 野口悠紀雄

    野口悠紀雄

    一橋大学 名誉教授

  • 上田準二

    上田準二

    ユニー・ファミリーマートHD相談役

  • 藤野英人

    藤野英人

    レオス・キャピタルワークス代表取締役社長

  • 村井純

    村井純

    慶応義塾大学 教授

  • 小林りん

    小林りん

    UWC ISAK Japan 代表理事

  • シバタアキラ

    シバタアキラ

    DataRobot Japan
    データサイエンティスト

  • 入山章栄

    入山章栄

    早稲田大学
    ビジネススクール 准教授

  • 安田洋祐

    安田洋祐

    大阪大学 准教授

  • 田川欣哉

    田川欣哉

    Takram 代表取締役

  • 中野晴啓

    中野晴啓

    セゾン投信 社長

  • 桜木健二

    桜木健二

    ドラゴン桜

※上記講師は予定のため変更となる場合がございます。
上記以外の講師も登壇予定です。

POINT 5日経ビジネス電子版の特長5

社会課題、新規事業、商品開発を日経ビジネスRaiseで議論

登録会員(無料)

これまでカルビー、パナソニック、ANAなど名だたる企業が参加。
新しくなったRaiseでも読者、著名企業、有識者、日経ビジネス編集部がオンラインに一堂に集結して、様々なテーマで議論します。

これまで議論されたテーマの一部を
ご紹介します。

  • 全員で
    考える

    目覚めるニッポン
    再成長へ、この一手

    日本が停滞から抜け出すために打つべき一手を考える。日本再成長のシナリオや外国人労働者問題などを経営者や識者からの提言を題材に、読者の皆さんからご意見を募ります。

    目覚めるニッポン再成長へ、この一手
  • 若手で
    考える

    若手社員100日養成塾

    1日1問の課題に向き合い、考える癖が身につく。アビームコンサルティング、エイベックス、AGC、キリンホールディングス、凸版印刷、日本生命、ライオンの7社が、100日で100問の課題を若手社員のための“研修”として出題。

    若手社員100日養成塾 
  • 学生で
    考える

    オンラインインターン

    味の素、ANAホールディングス、NTTドコモ、JR東日本、大和証券グループ本社、パナソニック、三菱商事と共に、大学生向けに「オンラインインターン」を提供。企業や業界の今を知り、将来どのような仕事に就きたいかを考える。

    オンラインインターン

この他にも様々なテーマで議論を展開。
また不定期でリアルイベントも開催予定。ぜひ皆さまの“声”をお聞かせください。

POINT 6日経ビジネス電子版の特長6

ニューヨーク、シリコンバレー、ロンドン、上海、バンコクから世界の最先端を

登録会員(無料)

「GAFA、BATの次の戦略は?」「トランプは次に何を言う?」
気になる世界の動きを毎日、現地から速報します。

FUNCTION日経ビジネス電子版の機能紹介

PLAN無料/有料プラン

日経ビジネス電子版
有料会員 登録会員(無料) 未登録
コンテンツ
無料記事
有料記事 月3本まで
ゼミナール 
学習度表示
日経ビジネス
Raise
一部可
誌面ビューアー
アプリ
日経ビジネス
電子版アプリ
無料記事のみ 無料記事のみ
有料会員
限定メール
登録会員
メール
機能
記事の保存
(クリップ)
記事の印刷
フォロー 一部可
通知 一部可
コメント投稿 一部可
ギフト(β版) 月3本まで

※別途リゾームへの登録が必要です

About "NIKKEI BUSINESS"日経ビジネスについて

  • 読者数
    No.1!
    28年連続、
    日本で一番読まれている週刊ビジネス誌

    必須の情報源としてビジネスリーダーに選ばれています。

    ※日本ABC協会2018年度認証部数(ビジネス分野)

  • 年間
    1,000
    に及ぶリーダーの
    行動と本音

    年間1,000人を超える経営者やリーダーたちの「決断と行動」をお届けします。

  • 50を超える
    専門記者

    1,500
    の企業事例

    登場企業は、年間1,500社以上。生き残りをかける企業の戦略を、50人を超える業界専門記者が独自の視点で分析します。

多くの方々のご愛読に支えられ、「日経ビジネス」は2019年、創刊から50年を迎えます。この間、私たちが一貫して訴え続けてきたのは「挑戦」することの大切さです。挑戦なくして成長を実現することはできません。AIやロボットなど技術革新はすさまじく、世界情勢も目まぐるしく変わるなか、これからも立ち止まっているわけにはいきません。変化に挑む皆様を支えるため、これから日経ビジネスも果敢に挑戦します。

「日経ビジネス電子版」を創刊、充実の記事コンテンツだけでなく、読者も参加し共に学べる、かつてないプラットフォームをご提供します。皆様の挑戦をより強力にサポートできるよう、経済ジャーナリズムの新たな地平を拓きます。

日経ビジネス
編集長
東昌樹

OTHERSその他

海外購読について

海外でも、日経ビジネス。

日本のビジネスリーダーが愛読する経営戦略情報誌「日経ビジネス」。
日本経済や企業の動きをすばやく捉え、独自の視点から深く掘り下げて毎週お届けしています。
世界のどこにいても、あなたの情報ブレーンに、「日経ビジネス」をご活用ください。

電子版のみ(月払い)
  • ―お客様情報ご記入欄の都道府県名や郵便番号、電話番号が日本国内の仕様になっています。誠に恐れ入りますが、可能な範囲で海外情報のご記入をお願い申し上げます。
  • ―海外では地域によって、通信環境他の事情により画面がうまく表示できなかったり、アプリがダウンロードできない場合があります。特に、誌面ビューアーは、中国本土では、公的機関の規制でアプリでの各号のダウンロードや、Webビューアーでの閲覧ができません。大変申し訳ございません。
    また、以下の時間帯は定期メンテナンスのため、ログインができませんのでご注意ください。月~土:AM5:00〜AM5:30 日曜:AM4:55~8:00(いずれも日本時間)
月額 2,500 電子版(海外購読)
お申し込み
雑誌のみ

海外での雑誌のみのご購読は日経BP社ではお申込みいただけません。日販IPS社にて雑誌の定期購読を承ります。

推奨利用環境について

こちらをご確認ください

関連コンテンツ