日経ビジネスLIVE The Future of Management 2030 日経ビジネスLIVE The Future of Management 2030

世界の経済・経営学の叡智が集結
2030年の企業とマネジメントのあるべき姿とは?

コロナ対策で後手に回った日本は、多くの難問を抱えています。

デジタル化、イノベーション、脱炭素、ダイバーシティなど各国が新たなステップに踏み出す中、少子高齢化で世界の先頭を走る日本市場だけを見ていたのでは、次代の企業経営は成り立たなくなるかもしれません。私たちが再び繁栄を手にし、未来へと幸せに生き延びていくためには、一人ひとりが世界の潮流やトレンドに注意を払う必要があります。

世界で必要とされる日本や私たちであり続けるために、必要なリーダーシップとは何でしょうか。

ノーベル賞受賞者を含め、世界の名だたる経済・経営学の叡智が集結し、2030年の企業とマネジメントのあるべき姿について議論を深める大型企画です。

注目のセッション

登壇者

お申し込み

受講お申し込みは全日分、1回のお申し込みで完了となります。

  • ※ お申込みいただいた後のキャンセルは承ることができませんのでご了承のうえお申込みください。

日経ビジネス電子版有料会員の方

受講料無料

※お持ちの日経IDでログインの上、受講お申し込みください。

本イベントのアーカイブ配信を日経ビジネス電子版で配信予定です。日経ビジネス電子版有料会員の方は無料でご覧いただけます。

一般の方

受講料30,000円(税込)

※日経IDにご登録の上、受講お申し込みください。

特別Q&Aセッションについて

登壇者へのQ&Aを中心に構成します。受講者からのご質問は当日チャット等で集約し、モデレーターが質問します。必ずしも全ての質問を取り上げることは出来ません。何卒ご了承ください。

※特別Q&Aセッションは、直前の通常講演セッションを30分間延長しその中での開催とする形式に変更いたしました。通常講演セッションにお申し込みの方はそのまま特別Q&Aセッションにもご参加いただけます。変更による追加料金は発生致しません。

プログラム(予定)

  • ※ 全セッション通訳付き
  • ※ 講演時間は調整中です。また講演内容、講演順は変更になる場合がございます。

Day1 10月5日(火) ポストコロナの資本主義

10月5日(火) 8:00~9:00

特別トークセッション

最終決定版!『ナッジ』の行動経済学

仕組みや情報の見せ方などで、人の行動を、よりうまくいく方向にそっと促す「ナッジの行動経済学」でノーベル経済学賞を受賞したセイラー教授。ナッジの考え方は世界中に広がり、英国をはじめ各国・地域の政策やビジネスに幅広く応用されてきている。この「ナッジ」を初めて広く世に出した原著を大幅に改訂した最終決定版『NUDGE: THE FINAL EDITION』を2021年8月に上梓した。「もう改訂版は書かない」というセイラー教授に、今回アップデートした内容の数々に触れながら、ナッジに関する最先端の知見を聞く。

  • リチャード・セイラー氏

    米シカゴ大学経営大学院教授(2017年ノーベル経済学賞受賞)

  • 小林庸平氏

    経済産業研究所コンサルティングフェロー

モデレーター

広野彩子

日経ビジネス副編集長

10月5日(火) 9:00~10:00

基調講演特別Q&Aセッション

ポストコロナの資本主義とリーダーシップ

「世界はバランスを失っている」と米国の株主至上主義を徹底批判し、行き過ぎた資本主義、利益至上主義をリバランスすべきだと主張してきた戦略論の世界的権威、ミンツバーグ教授。気候変動や格差拡大がもたらす社会の変化を見据え、以前から警鐘を鳴らしてきた。
世界を突如として襲ったコロナ禍を経て、先進国の価値観が急速に変わっていく様子をどう見たか。これからの世界がどこへ向かっていくのか、そしてマネジメントは今後、何を考えて日々の仕事に向き合うべきか。対談形式で議論していく。

10:00~10:30

特別Q&Aセッション

登壇者へのQ&Aを中心に構成します。受講者からのご質問は当日チャット等で集約し、モデレーターが質問します。必ずしも全ての質問を取り上げることは出来ません。何卒ご了承ください。

※特別Q&Aセッションは、直前の通常講演セッションを30分間延長しその中での開催とする形式に変更いたしました。通常講演セッションにお申し込みの方はそのまま特別Q&Aセッションにもご参加いただけます。変更による追加料金は発生致しません。

  • ヘンリー・ミンツバーグ氏

    カナダ・マギル大学
    デソーテル経営大学院教授

  • ダニエル・ヘラー氏

    中央大学国際経営学部特任教授

モデレーター

磯貝高行

日経ビジネス編集長

10:00~10:30

特別Q&Aセッション

登壇者へのQ&Aを中心に構成します。受講者からのご質問は当日チャット等で集約し、モデレーターが質問します。必ずしも全ての質問を取り上げることは出来ません。何卒ご了承ください。

※特別Q&Aセッションは、直前の通常講演セッションを30分間延長しその中での開催とする形式に変更いたしました。通常講演セッションにお申し込みの方はそのまま特別Q&Aセッションにもご参加いただけます。変更による追加料金は発生致しません。

10月5日(火) 14:30~15:30

特別対談

AIの社会実装がもたらす雇用と資本主義の未来

AI(人工知能)などの技術革新により、米国の雇用の約5割が自動化される未来を予見してみせた論文で、世界中に論争を巻き起こしたオズボーン教授。その後もAIの社会実装は着々と進み、多くの仕事が自動化されつつある。一方で、AIは新たな雇用を生み出すとも言われるが、AIがさらに量子AIなどに進化していく未来で、人間が経済や労働において果たす役割はどう変化していくのか?。AIの社会実装による課題解決を目指すAIベンチャー、エクサウィザーズの石山洸社長と共に、進化し続けるAIと社会の変化について語り合う。

  • マイケル・オズボーン氏

    英オックスフォード大学工学部機械学習教授

  • 石山洸氏

    エクサウィザーズ社長

モデレーター

島津翔

日経クロステック副編集長

Day2 10月6日(水) 雇用の未来と「幸福な」マネジメント

10月6日(水) 9:00~10:00

基調講演特別Q&Aセッション

世界を変える『ウェルビーイング・マーケティング』

マーケティングの父とも呼ばれ世界的に著名なコトラー教授は、今も毎年新たなマーケティング論を世に出し続け、一線で活躍し続ける経営学者だ。近年の関心は、デジタル革命がもたらすマーケティング革命と、顧客や消費者の幸福度(Well-being)を意識したマーケティング、そして私的な利益よりも社会や人々の生活の質の向上に着目した資本主義の刷新である。「教科書通りの経営」を掲げる星野リゾートの星野佳路代表が、最新の洞察を聞く。

※本セッションは日経ビジネスの公式Twitterアカウント@nikkeibusiness で無料でライブ配信予定です。(配信予定は変更になる場合があります。)

10:00~10:30

特別Q&Aセッション

登壇者へのQ&Aを中心に構成します。受講者からのご質問は当日チャット等で集約し、モデレーターが質問します。必ずしも全ての質問を取り上げることは出来ません。何卒ご了承ください。

※特別Q&Aセッションは、直前の通常講演セッションを30分間延長しその中での開催とする形式に変更いたしました。通常講演セッションにお申し込みの方はそのまま特別Q&Aセッションにもご参加いただけます。変更による追加料金は発生致しません。

  • フィリップ・コトラー氏

    米ノースウェスタン大学経営大学院名誉教授

  • 星野佳路氏

    星野リゾート代表

モデレーター

山川龍雄

日経ビジネス編集委員

10:00~10:30

特別Q&Aセッション

登壇者へのQ&Aを中心に構成します。受講者からのご質問は当日チャット等で集約し、モデレーターが質問します。必ずしも全ての質問を取り上げることは出来ません。何卒ご了承ください。

※特別Q&Aセッションは、直前の通常講演セッションを30分間延長しその中での開催とする形式に変更いたしました。通常講演セッションにお申し込みの方はそのまま特別Q&Aセッションにもご参加いただけます。変更による追加料金は発生致しません。

10月6日(水) 11:00~12:00

特別対談

マッチング理論の社会実装でよりよい社会をつくる

2020年のノーベル経済学賞で脚光を浴びたオークション理論。ミクロ経済学の新分野「マーケットデザイン」を代表する理論の1つで、従来のように既存の市場を分析するのではなく、取引する者が互いに満足できる市場を設計しようとするものだ。そして「マーケットデザイン」でノーベル経済学賞を受賞した先駆者が、アルビン・ロス教授らによる「マッチング理論」である。経済理論の社会実装がもたらす未来について、直弟子かつスタンフォード大学での元同僚でもある、東京大学大学院経済学研究科の小島武仁教授と語り尽くす。

  • アルビン・ロス氏

    米スタンフォード大学経済学部教授(2012年ノーベル経済学賞受賞)

  • 小島武仁氏

    東京大学大学院経済学研究科教授

モデレーター

伊藤暢人

日経BP経営メディアユニット長

10月6日(水) 18:00~19:00

講演&パネルディスカッション

人生100年の幸せな働き方と社会変革

手持ちのスキルだけでは生き残れなくなる中、80代まで働かなければいけない長寿社会の未来を提示した共著『LIFE SHIFT 100年時代の人生戦略』(東洋経済新報社)で知られるリンダ・グラットン英ロンドンビジネススクール教授。組織行動論を専門とする経営学者であり、長寿を災難でなく恩恵として明るく捉え、前向きに働き続ける生き方を説く。日本の幸福学研究の権威である前野隆司・慶応義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科教授とともに、心豊かに生きるためのビジネス、雇用、そして選択肢多き幸せな働き方について議論する。モデレーターは、「Kawaii」の幸福度研究を経営に生かす、サンリオエンターテイメントの小巻亜矢社長。

  • リンダ・グラットン氏

    英ロンドンビジネススクール教授

  • 前野隆司氏

    慶応義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科教授

モデレーター

小巻亜矢氏

サンリオエンターテイメント社長

Day3 10月7日(木) 米中技術戦争とイノベーション再興

10月7日(木) 8:00~9:00

特別パネル討論

米中対立と世界のサプライチェーン危機

ライシャワー駐日大使をはじめ米国における日本の政治研究を担う人材を輩出してきたハーバード大学で、2020年から日米関係プログラム所長を務めるデイビス教授。学生時代を東京大学で過ごし、以来日本の政治経済を研究・観察してきた。今、世界が直面している技術革新に伴う政治経済のパラダイム転換において、サプライチェーンにもたらす経済的・地政学的な危機の姿や今後必要となる備えを、米日カウンシル評議員副会長を務めるサントリーホールディングスの新浪剛史社長、経済産業研究所の渡辺哲也副所長兼東京大学公共政策大学院客員教授が議論する。

  • クリスティーナ・デイビス氏

    米ハーバード大学日米関係プログラム所長

  • 新浪剛史氏

    サントリーホールディングス社長

  • 渡辺哲也氏

    経済産業研究所副所長

10月7日(木) 9:30~10:30

特別パネル討論

『ダイナミック』なイノベーション国家論

「ダイナミックケーパビリティー」理論の提唱者として知られ、世界の経営学界で最も論文が引用されている経営学者としても知られるティース教授と、「暗黙知」を基点にしたSECI理論や、その「アジャイル経営」具現化への貢献などで世界的に尊敬を集めている日本を代表する経営学者、野中郁次郎教授。2人は米カリフォルニア大学バークレー校の元研究仲間で、今も知的な交流が続いている。米中対立が深まる中、日本がイノベーションでリポジショニングしていくため、リーダーは何を考え、実行すべきか、国家戦略も踏まえて考察する。モデレーターは入山章栄早稲田大学ビジネススクール教授。

  • デビッド・ティース氏

    米カリフォルニア大学バークレー校経営大学院教授

  • 野中郁次郎氏

    一橋大学名誉教授

モデレーター

入山章栄氏

早稲田大学ビジネススクール教授

10月7日(木) 11:30~12:30

特別対談特別Q&Aセッション

ニッポンのKAISHA再興を実現する『両利きの経営』

日本経済・日本の企業経営を長年研究し、米国経営学界における「日本推し」では右に出る者がいないともいえる企業戦略論の経営学者、シェーデ教授と、既存事業と新規事業を両立させる「両利きの経営」の組織行動論で知られるオライリー教授。研究仲間であり、夫婦でもある著名な経営学者2人が、これからの日本に必要な企業変革のあり方、そしてイノベーション再興について、実践的、理論的かつ前向きな視点で語り尽くす。

※本セッションは日経ビジネスの公式Twitterアカウント@nikkeibusiness および日経電子版の「NIKKEI LIVE」で無料でライブ配信予定です。(配信予定は変更になる場合があります。)

12:30~13:00

特別Q&Aセッション

登壇者へのQ&Aを中心に構成します。受講者からのご質問は当日チャット等で集約し、モデレーターが質問します。必ずしも全ての質問を取り上げることは出来ません。何卒ご了承ください。

※特別Q&Aセッションは、直前の通常講演セッションを30分間延長しその中での開催とする形式に変更いたしました。通常講演セッションにお申し込みの方はそのまま特別Q&Aセッションにもご参加いただけます。変更による追加料金は発生致しません。

  • ウリケ・シェーデ氏

    米カリフォルニア大学サンディエゴ校グローバル政策・戦略大学院教授

  • チャールズ・オライリー氏

    米スタンフォード大学経営大学院教授

モデレーター

谷口徹也

日経ビジネス編集委員

12:30~13:00

特別Q&Aセッション

登壇者へのQ&Aを中心に構成します。受講者からのご質問は当日チャット等で集約し、モデレーターが質問します。必ずしも全ての質問を取り上げることは出来ません。何卒ご了承ください。

※特別Q&Aセッションは、直前の通常講演セッションを30分間延長しその中での開催とする形式に変更いたしました。通常講演セッションにお申し込みの方はそのまま特別Q&Aセッションにもご参加いただけます。変更による追加料金は発生致しません。

開催概要

名称
日経ビジネスLIVE――The Future of Management 2030 ――
資本主義の再構築とイノベーション再興
The Future of Management 2030: Reimaging Capitalism, Reconstructing with innovation
主催
日経ビジネス
開催日
2021年10月5日(火)、10月6日(水)、10月7日(木)
視聴方法
Zoomによるオンライン配信(LIVE配信中心)
受講料
日経ビジネス電子版有料会員・無料
一般 30,000円(税込)
事前登録制
定員
全3日間500名
対象
経営者、最先端の経営情報に関心をもつビジネスリーダー全般

Webライブ配信での受講にあたって

  • 視聴に必要なURLは、登録のメールアドレス宛にご案内します。URLはセミナーに参加する方のみ利用可能とし、再配布を禁止します。
  • 受講者は、動画を録画・キャプチャーすること、SNSなどへのアップも禁止します。もし、発見した場合、事務局は削除を要求できることとします。
  • セミナーの内容や受講者の個人情報などはセミナー内のみとし、口外しないでください。
  • システムトラブルなどにより、画像・音声に乱れが生じた場合も再送信や返金はできませんので、予めご了承ください。
    なお、音声、画像は受講者でご調整ください。また、サービス利用にあたってのサポートは致しかねます。
  • 配信中、異常と思われる接続を発見した場合、予告なく切断することがあります。なお、「Zoom」上では、個人情報は一切取得いたしません。開催時間中にURLにアクセスいただくと受講可能です。

ページトップへ