再成長へ50人の提言 目覚めるニッポン 再成長へ50人の提言 目覚めるニッポン
10/4〜続々配信中! 日本電産会長CEO 永守重信氏、オリックス 宮内義彦氏、塩野義製薬 手代木功氏、一橋大学名誉教授 野口悠紀雄氏、ノーベル経済学賞 スティグリッツ氏、SOMPOホールディングス 櫻田謙悟氏、『ファクトフルネス』共著者 アンナ・ロスリング・ロンランド氏、UWC ISAK Japan 小林りん氏、ヘイ 佐藤裕介氏 ほか 経営者、識者らの提言 10/4〜続々配信中! 日本電産会長CEO 永守重信氏、オリックス 宮内義彦氏、塩野義製薬 手代木功氏、一橋大学名誉教授 野口悠紀雄氏、ノーベル経済学賞 スティグリッツ氏、SOMPOホールディングス 櫻田謙悟氏、『ファクトフルネス』共著者 アンナ・ロスリング・ロンランド氏、UWC ISAK Japan 小林りん氏、ヘイ 佐藤裕介氏 ほか 経営者、識者らの提言

10月からのラインナップ

本日お申し込みで
すべてお読みいただけます

目覚めるニッポン
再成長へ
50人の提言

2019.10.7

1969年10月。いざなぎ景気に沸く高度成長期の真っただ中に、日経ビジネスは企業の経営幹部向け月刊誌として産声を上げた。それから50年。ニッポンは国も企業も低成長が当たり前となった。グローバル化やデジタル化で世界が大きく変わるなか、かつての成功モデルは低迷モデルに変わった。この呪縛から抜け出すには何が必要か。どうすれば目覚めるのか。日本の行く末を憂う経営者や識者ら50人の提言を紹介する。

今すぐ読む

トヨタも悩む
新50代問題
もうリストラでは
解決できない

2019.10.14

バブル崩壊から平成の30年間、その綻びが指摘され続けてきた日本型雇用。 かつて「ジャパン・アズ・ナンバーワン」を支えたモデルが、いよいよ行き詰まった。 背景にあるのは、少子高齢化とデジタル化というパラダイムシフト。ひずみが最も顕在化しているのが、バブル入社組を含む50代の社員だ。会社にぶら下がる「働かないオジサン」は、いつの時代にも存在する。 だが、今度の「50代問題」はわけが違う。雇用モデルを刷新するときが来た。

今すぐ読む
  • 10/21号
  • 10/28号
  • 10月〜
  • 10月〜
  • 10月〜
  • 11月予定

※内容は予告なく変更になる場合がございます。

電子版なら
雑誌7年分のコンテンツが

読み放題

最新号からバックナンバーまで
雑誌7年分(350冊)以上の記事が
すべてサイト上で読めます

  • img_cont2_book1
  • img_cont2_book2
  • img_cont2_book3
  • img_cont2_book4
  • img_cont2_book5
  • img_cont2_book6

読者が選んだ
ベスト特集

読者が選んだ ベスト特集
アクセスTOP5

2019年 (1月〜7月)

  • NO.1

    どこにある?
    ベストな人生

    2019.2.18

    国を挙げて実現を目指す「ワークライフバランス」や「働き方改革」は、本当に人生の幸福度向上につながるのか。これから先の時代、日本人が「ベストな人生」を勝ち取るための働き方を考える。

  • NO.2

    韓国
    何が起きているのか

    2019.3.11

    日本と韓国の関係がかつてないほどに冷え込んでいる。なぜこんなに関係がこじれてしまったのだろう。日本に反発する動きの背景に何があるのか。韓国の政治や経済、企業活動の実態はどうなっているのか。その実相を探る。

  • NO.3

    強くなれる給料

    2019.4.22

    処遇の仕方に工夫を重ね、もっとやる気を引き出す仕組みを作る──。シニアが生き生きと働ける枠組みを整え、若手にも報いる手法を探る動きが始まった。戦後最長の景気に影が差し始めた今だからこそ、「企業も経済も強くする給料」が必要になっている。

  • NO.4

    村田製作所
    なぜ最強なのか

    2019.6.3

    今号の表紙を飾った全長1cmに満たないてんとう虫。それよりもはるかに小さな部品を作っている会社。それが村田製作所だ。2019年3月期の営業利益は2668億円。売上高営業利益率は16.9%に達する。10%に届かない京セラやTDKなどライバルを圧倒する「最強」企業だ。 村田製作所は、なぜ最強なのか。強さの源泉を探る。

  • NO.5

    新規事業という病

    2019.6.24

    既存事業の成長が鈍化する中、多くの企業が新規事業や新サービスの開発に力を入れている。新しいことはあくまで会社を成長させる「手段」だが、それが「目的」になってしまった会社の迷走パターンをまとめた。

日経ビジネス電子版 有料会員

選べるプラン

  • PLAN 1

    日経ビジネス電子版

    • 月額プラン

      11月末まで無料
      2,500円/月

       

      お申し込み

      ※最低1カ月分の料金が発生

    • 年額プラン

      1,875円/月あたり
      22,500円/年

      今だけ 特典 付き

      お申し込み
  • PLAN 2

    日経ビジネス電子版+雑誌セット

    • 月額プラン

      11月末まで無料
      550円/月

      雑誌購読者限定

      お申し込み
    • 年額プラン

      2,442円/月あたり
      29,300円/年

      今だけ 特典 付き

      お申し込み
  • PLAN 3

    日経ビジネス電子版

    日経新聞電子版セット

    • 月額プラン

      月々 650円お得
      6,777円→6,127円/月

      1カ月無料体験(初回限定)

      お申し込み

      ※無料期間終了後、課金が発生

  • PLAN 4

    雑誌 日経ビジネス

    • 年額プラン

      1年(50冊)23,400円〜
      1冊あたり520円〜

      今だけ 特典 付き

      お申し込み

期間限定!10/31まで「日経ビジネス」50周年
キャンペーン特典

対象

  • ・日経ビジネス電子版 年額プラン
  • ・日経ビジネス電子版+雑誌セット 年額プラン
  • ・雑誌 日経ビジネス 年額プラン
  • 特別書籍

    日本経済
    激動の50年

  • 日経ビジネスオリジナル

    クリエイティブ
    ノート

    ※月額プランをお申し込みの場合、 
    年額プラン特典はお届けしません

電子版限定

電子版限定

日本経済・社会の「今」を
わかりやすく

1分解説

1分解説 アクセスTOP5

2019年 (1月〜7月)

  • NO.1

    吉野家、「超特盛」が
    想定外ヒットで赤字脱却

    2019.7.11

    吉野家ホールディングスが7月9日に発表した2019年3~5月期の連結決算は、営業利益が10億4400万円となり、1億7800万円の赤字だった前年同期から黒字転換を果たした。牛丼の新サイズの「超特盛」が想定以上にヒットし、客単価の引き上げに成功した形だ。

  • NO.2

    コンビニの成人誌販売、
    これまでやめられなかった
    本当の理由

    2019.1.23

    セブン-イレブン・ジャパン、ファミリーマート、ローソンが成人向け雑誌の販売をやめると発表した。8月をめどに、チェーン本部が加盟店に推奨している取り扱い商品のリストから外す。訪日外国人客の増加など社会の変化を踏まえた判断とみられるが、むしろなぜ、これまで販売を続けてきたのか。

  • NO.3

    いきなり!ステーキ、
    いきなり拡大し失速

    2019.3.19

    いきなり拡大したツケが回ってきたのか―。肉の量り売り形式で人気を博したレストラン「いきなり!ステーキ」が失速している。運営するペッパーフードサービスが14日に発表した2月の既存店売上高は、前年同月比75.1%にまで落ち込んだ。これで前年割れは2018年4月から11カ月連続となった。

  • NO.4

    セブンペイ、抱えていた
    「不発弾」の代償

    2019.7.4

    画像提供:共同通信社

    セブン&アイ・ホールディングスが7月1日に開始したスマホ決済サービス「7pay(セブンペイ)」で不正アクセス被害が発生した。SNS上で「30万円を不正利用された」「19万円を不正にチャージされて使われた」などの被害が相次いで報告され、セブン&アイは7月3日にクレジットカードとデビットカードからの入金手続き停止を発表。7月4日には全ての入金手続きを止めた。

  • NO.5

    利益率1.9%
    ホンダ、儲からない
    四輪に危機感

    2019.5.9

    ホンダの八郷隆弘社長は5月8日、記者会見を開き、四輪事業の今後の方向性について説明した。決算説明会に合わせて、八郷社長が四輪事業について自ら語るというのは2015年の社長就任から初めてのこと。それだけ四輪事業を巡る環境の変化に危機感を高めているともいえる。

電子版限定NEW!

NEW!

あなたのチームが強くなる
ギフト機能(β版)

電子版限定

読むだけじゃない。
豊富なコンテンツ

  • 動画配信

    カリスマ経営者や著名人が登場し
    動画で学べるコンテンツを配信。

  • ディスカッション

    有識者や著名人とサイト上で議論。
    オンライン編集会議も実施。

  • アプリ

    重要なニュースやスクープを
    プッシュ通知でお知らせします

  • 誌面ビューアー

    雑誌のレイアウトそのままに
    PC、スマホ、タブレットで読める

  • 印刷

    不要な部分を除き、記事本文と
    図表だけを印刷できます

日経ビジネス電子版とは

28年連続読者数No.1ビジネス誌
および「日経ビジネス」のデジタルメディア。
リーダーや意思決定者に、経営・経済の
「今」を読むコンテンツを毎日お届けします。

※日本ABC協会2018年度認証部数

お申し込みはこちら

よくある質問

  • 日経ビジネス50周年キャンペーンの特典や期間が知りたい

    1969年に創刊した日経ビジネスの50周年を記念して、大型シリーズ特集『目覚めるニッポン』の公開とお得なお申し込みプランをご用意しました。キャンペーンの期間は10月31日(木)までを予定しています。お申し込みプランによって特典は異なります。

    【年額プラン】
    オリジナル書籍『日経ビジネスが見た激動の50年(仮)』とキャンペーン限定特典『クリエイティブノート』をお届けします。(書籍は10月以降にお届けします。)
    年額プラン対象商品:日経ビジネス電子版有料会員【年額プラン】、日経ビジネス(電子版有料会員+雑誌セット)、日経ビジネス(雑誌版)

    【月額プラン】
    通常の「お申し込み初月無料」に加えて、「お申し込み翌月末」までが無料期間となります。翌々月1日に課金いたします(最初の課金以降に解約が可能となります)。
    月額プラン対象商品:日経ビジネス電子版有料会員【月額プラン】

  • 日経ビジネス電子版の「有料会員」と「登録会員(無料)」の違いは何ですか?

    日経ビジネス電子版は、「有料会員」と無料の「登録会員」、2種類の会員種別を設けています。有料会員は2012年以降の雑誌バックナンバーを含むすべての記事をお読みいただけるほか、ビジュアルなデザインでご覧いただける誌面ビューアー、印刷機能など様々な機能をお使いいただけます。登録会員は鍵の掛かっていないフリーの記事の他、鍵の掛かっている記事についても毎月一定本数お読みいただけます。

    どちらの会員にも、よく読まれている記事ランキングなど有用な情報をメールマガジンとしてお届けいたします。

    日経ビジネスについて詳しく知る
  • 契約内容の変更はできますか?

    ご契約プランを変更したい場合は、読者サービスセンター日経ビジネス電子版有料会員係 (電話03-5696-1111、祝日を除く月~金曜の9:00~17:00)または本ページ下部のお問い合わせフォームにてご連絡ください。

    お申し込み時にご登録いただいたご連絡先(住所、電話番号、メールアドレス)に変更があった場合は、「日経IDラウンジ」にてお手続きください。

    有料会員の退会は「日経BP SHOP」マイページにてお手続きいただけます。

  • 雑誌を購読中で、電子版を追加で申し込むにはどうすればよいですか?

    雑誌「日経ビジネス」を定期購読中の方は、読者特価の月額550円(税込)で購読いただけます。こちらからお申し込みください。
    ※50周年キャンペーン中は翌月末分まで無料
    ※お申し込みに雑誌購読者・会員サービス利用者であることの確認が必要です。

  • らくらく購読コースとは何ですか?

    「らくらく購読コース」は、お客様から定期購読中止のご連絡があるまで、自動的に購読を継続させていただきます。次回の購読期間、購読料金については、事前に通知いたします(購読料金変更の際は、料金を改定させていただきます)。
    「らくらく購読コース」でお申し込みをいただきますと、初回ご契約の購読料金が10%OFFとなります。
    購読料金のお支払については、クレジットカードに限定させていただきます。
    中途解約はいつでも承ります。精算金額については「解約方法について知りたい」をご覧ください。

  • 利用に必要な環境が知りたい

    最新の利用環境は以下のページをご確認ください。
    利用環境を確認する。

  • 日経電子版を購読中で、日経ビジネス電子版を追加で申し込みたい

    日経電子版お申込みページより「日経電子版 日経ビジネス電子版セット」プランをお選びください。
    日経電子版購読料(4,277円/月)に+1,850円/月でご購読いただけます。こちらからお申し込みください。

  • 海外で購読したいのですがどうすればいいでしょうか?

    日経ビジネス電子版は海外でもお読みいただけます。購読をご希望の方はこちらからお申し込みください。
    雑誌「日経ビジネス」は海外でも日販IPS社経由で定期購読を承ります。

    お問合せ先
    日販IPS社 https://www.nippan-ips.co.jp/nbp/

  • 請求書での支払いはできますか?

    年間プランのみ可能です。こちらのフォームからお問い合わせください。

  • ギフト(β版)とはどんな機能ですか?

    日経ビジネス電子版有料会員の方が有料会員限定記事をお知り合いの方にギフトできる機能です。有料会員であれば、有料会員限定記事に設置されたギフトボタンから「ギフトとして共有できるURL」を発行できます。そのURLをメールやSNSなどでお知り合いに共有すれば、URLの発行から24時間に限って、そのURLからアクセスした方はどなたでも無料で記事をお読みいただけます。有料会員の方は10月31日までは月間30本まで有料記事をギフトできます。
    ※ギフト機能はβ版のため、予告なくサービス内容の変更や終了をする場合があります

ページの先頭へ